スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校の矛盾

PICT0025.jpg

おととい、娘が帰宅時、プリントを持ってきました。
新型インフルエンザの学校対策として、
毎朝家庭で検温をし、保護者が体温を記入し、確認チェックをして担任に渡すというものです。

また、もしかして新型インフルエンザかな?という兆候が見られた場合の、
平日日中の保健所連絡方法と、夜間の連絡方法を細かに支持したプリントも一緒でした。

PICT0026.jpg

上の献立は昨日から来週火曜日までの給食メニューです。
豚肉多いです。
今月の献立全体を見ても、豚肉週に3回は登場します。
さらに、同じ日に魚や鳥も入る時もあります。
牛乳、チーズも加わって、まさに動物性食品のオンパレードです。

そもそも、新型インフルエンザとは豚のインフルエンザです。
なぜ豚のインフルエンザが蔓延したのかを考える必要があると思います。

鳥インフルエンザもそうですが、人間は動物を殺して食べ生きているつもりでも、
近い将来、その動物たちによって殺される日が必ず来ることでしょう。
なぜ警告だということに気がつかないのでしょうか・・・
なぜまだ肉を食べようとするのでしょうか・・・

人間が食べるという行為をするから、
食べられるために生まれ、牢獄のような生活を強いられ、
そして残虐に殺される動物たちがあとを絶たないのです。

安くて安定した供給を望む国民がいるから、
そんな中でも利益を出すため、劣悪な環境で飼育されるのです。
さらに新しい奇病が発生してもおかしくはない環境で飼育された動物を食べる・・・
体に良いわけありません。
そもそも、私は人道的に食べたいとは思いませんが・・・

そして給食に対して多くの親たちが望むことは
材料コストを下げ、一見バラエティ豊かに見え、子供に人気のメニューです。
安い給食費で、子供がお腹いっぱいになってほしいとでも思っているのでしょうか・・・
それって本当に栄養のあるメニューでしょうか?

矛盾しています。
子供はマスクを着用して学校に行き、
その学校で豚肉を食べる・・・

娘は『お弁当持っていきたい』と言います。
できるだけ動物性の食べ物を残したりしているようですが、
ほとんどが動物性のものばかりなので、残すと食べるものがなくなると話します。
残しても、食べても罪悪感を感じているみたいです。

もう一度、学校へのお弁当持参をお願いしてみようと思っています。


ランキングに参加しています。
応援していただけると、とても励みになります。
↓G
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村

ボクちびデニちゅ~
自治体保護犬猫情報ブログ
スポンサーサイト

プロフィール

いちごみるく☆ロハス

Author:いちごみるく☆ロハス
7歳の娘と4匹の愛犬と保護犬達のお母さんです。
食肉されている動物たちの悲惨な現実を知り、
娘と一緒にベジタリアンになりました。
保護や啓発などの動物ボランティア活動もしています。
仕事は八百屋さんでフルーツギフトのアレンジと販売を担当しています。
趣味はお花とピアノです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。